Since1856

(安政3年)

11代川口伝左エ門家業として麻織物をはじめる

1921

愛知郡稲村大字薩摩(現在の彦根市)で合資会社丸三商会設立
小巾綿織物夜具地、ラミー麻織物の製造販売

1922

資本金5万円で合資会社近江織物商会を設立

1922-資本金5万円で合資会社近江織物商会を設立

1923

10月1日資本金10万円で近江織物株式会社を設立
12代川口伝左エ門が社長に就任

1924

本社を愛知郡愛知川町大字愛知川に設立

1926

織物整理仕上加工(中村偽太郎)吸収合併し、神崎郡北五個荘村で始業

1928

1929

薩摩織物工場を本社所在地に移転

1933

資本金を20万円に増資

1936

資本金を30万円に増資 広巾織物製造設備

1938

資本金を45万円に増資

1940

小巾綿、ラミー麻織から広巾亜麻織物の製造に転換

1941

消防用亜麻ホースの製造

1943

滋賀織布株式会社と合併 資本金を64万8,000円に増資
戦時中は軍需品生産の軍管理工場 食糧確保のため川崎農園3町歩買収

1946

販売部門を分離、丸三商事株式会社を設立 準制限会社に指定

1947

東京営業所再開

1948

1949

資本金を700万円に増資 織布工場、加工工場設備拡張

1950

資本金を750万円に増資 丸三商事株式会社を合併

1951

資本金を1,500万円に増資 亜麻織物から綿織物製造に転換

1954

三笠宮、同妃殿下御来社 大阪営業所開設

1954-三笠宮、同妃殿下御来社

1955

自動織機456台収容織布工場建設 綿織物から合繊織物製造に転換
近江織物労働組合結成

1956

川口伝左エ門取締役会長に就任、川口市三郎取締役社長に就任
資本金を6,000万円に増資

1957

川口伝左エ門会長逝去 東京営業所閉鎖

1957-川口伝左エ門会長逝去 東京営業所閉鎖

1961

資本金を9,000万円に増資
加工工場建物全面改築、精錬漂白、仕上設備増設拡張

1962

1963

精錬漂白設備近代化 創立40周年

1965

1967

近江工業株式会社設立 縫製加工業 近江織物献血友の会結成

1969

川口市三郎取締役会長に就任、元持徳次郎取締役社長に就任

1970

精錬漂白加工機(ラピッドブリーチ)新設

1971

織機の廃棄処分 革新織機トヨタルーチ24台設置

1972

撚糸工場設備の新設

1973

1974

シャットルレス織機(DSL)三次に分け138台入替

1979

織布工場跡に連続糊抜漂白装置(L-BOX)新設

1981

1982

豊田スルザー(153吋)12台 準備機械の更新

1982-豊田スルザー(153吋)12台 準備機械の更新

1983

サンフォライズ加工の取組み

2011

1986

エアージェット織機 スーパーテンター仕上加工機新設

1987

連続糊抜精錬機(パーブルレンジ)建物と共に新設
平河式MPボイラーの新設

1988

織布第7工場増設、ピカノール織機新設

1989

ピカノール織機増設

1990

1993

セブンティーハウス建設
アングラーダ エアータンブラー加工機新設

1994

ラミッシュ カレンダー加工機新設
ルシオール新設

1995

防縮加工機、ベーキング機新設

1996

糊抜シルケット機更新

2003

サンプルワーパーの新設

2005

第11工場建設 準備設備の更新

2006

ジャカード織機の新設

2009

高機能繊維の製織技術開発が地域資源活用売れる商品づくり支援事業に認定される
ドルニエ社製積極レピア織機を1台設置

2010

インクジェット事業が新連携支援事業に認定される
インクジェットプリンターNassenger5の新設
ドルニエ社製積極レピア織機を2台設置

2011
住所 〒529-1414 滋賀県東近江市五個荘中町346
社名 近江織物株式会社
資本金 1億円
社員数 140名
ページ最上部へ